コラム

  1. 酸素カプセルならタイムワールド
  2. コラム一覧
  3. 現代人は慢性的な酸素不足!

現代人は慢性的な酸素不足!

category:酸素カプセル

サムネイル

酸素は人の機能を維持するうえでとても大切です。一方で、現代は複数の要因により酸素を取り込みにくくなっています。こちらでは、現代人が酸素不足に陥りやすい要因についてお話しします。

酸素は人のパフォーマンスを左右する

大気の酸素濃度は人間のパフォーマンスに大きく影響します。通常の酸素濃度は約21%であり、この環境下では問題なく活動可能です。しかし、換気状況や人間の酸素の取り込み方法によっては、この酸素濃度を維持できなくなってしまいます。

安全に活動できる酸素濃度のボーダーラインは約18%です。この酸素濃度を下回ると、明らかな体調不良が現れ始めます。酸素濃度16%では頭痛や吐き気が、12%はめまいや筋力の低下などが起き始める危険な領域です。6%になると一瞬で呼吸が停止し、生命活動に支障をきたします。

18%以下の酸素濃度で現れるさまざまな症状を「酸素欠乏症」と呼びます。通常の環境では、適度に換気を行っていれば酸素欠乏症になることはありませんが、閉所で作業をする工事現場などでは、災害として酸素欠乏症が発生しています。

数百年前と比較して酸素濃度は低下

地球上の酸素濃度は時代とともに変化してきました。数百年前の酸素濃度は約25%だったと言われています。さらに太古にさかのぼると、30~40%の酸素濃度だった時代もあるという説もあります。

酸素濃度が低下した原因として考えられるのは、森林伐採や環境悪化、大気汚染などです。酸素を作り出すのは樹木であるため、森林の消失が進むと当然酸素の供給量が減ってしまいます。化石燃料の燃焼などでも、酸素が消費されています。

近代は約21%の酸素濃度を維持しています。しかし、長期的に見れば今後も酸素が少なくなっていく可能性は否定できません。

酸欠の主な原因は酸素の取り込み不足

数百年前と比較して酸素濃度が低下している背景に加え、現代人は酸素を取り込む能力が落ちています。

ストレスによる体内環境への悪影響は、酸素不足を招いている一因です。さらに、交通機関の発達によりさほど運動が必要なくなったことから心肺機能が低下しています。健全な心肺機能は酸素の取り込みに不可欠です。

***

環境の変化、そして生活習慣からくる身体の変化により現代人は酸素不足に陥りやすくなっています。効率的に酸素を取り込める酸素カプセルは現代人の酸素不足を解決する方法のひとつです。ぜひレンタルで導入して、その効果を体感してみてください。