コラム

  1. 酸素カプセルならタイムワールド
  2. コラム一覧
  3. 気圧を高めて酸素を取り込むメリット

気圧を高めて酸素を取り込むメリット

category:酸素カプセル

サムネイル

多くの方は「酸素カプセルの中は高濃度の酸素で満たされているだけ」とお考えかもしれません。もちろん高濃度酸素を送り出すのは酸素カプセルの代表的な機能ですが、酸素カプセルはもうひとつの機能によって体内酸素量の増加を促進しています。こちらでは、酸素を取り込むうえで極めて重要な「気圧」についてお話しします。

酸素には2種類ある

一口に「酸素」と言っても、体内にある酸素はその形態によって2種類に分けられます。以下では、「結合型酸素」と「溶解型酸素」について解説します。

結合型酸素

結合型酸素は、赤血球の色素である「ヘモグロビン」と結合する酸素です。体内にある酸素のうち99%を占めています。約7ミクロンと比較的サイズが大きいことが特徴です。

通常の呼吸では、結合型酸素が取り入れられます。しかし、そのサイズの大きさから毛細血管を通過しづらく、体中に行き渡りにくいという特徴があります。加齢や生活習慣の悪化により血管が細くなると、さらに通過しづらくなってしまいます。

溶解型酸素

溶解型酸素は血液や体液に溶け込んでいる酸素です。ガス化した状態で溶け込んでおり、サイズは5ミクロン程度です。一方、体内には非常に少ない量子しか存在しません。

サイズが小さいため、毛細血管内部も無理なく通過します。結合型酸素と比較すると、体中にいきわたりやすいことが特徴です。酸素による健康効果を最大化するためには、溶解型酸素を増やすことが重要になります。

溶解型酸素は高気圧で増える

サイズの小ささから体内にいきわたりやすい溶解型酸素ですが、通常の呼吸で増やすのが難しいことが難点です。酸素カプセルはこの問題を解決するため、「ヘンリーの法則」に着目しています。

ヘンリーの法則は、簡単に言えば「気圧が上昇すると液体中に溶解する気体の量が増える」という法則です。血液中の酸素も例外ではありません。

酸素カプセルは内部の気圧を高め、溶解型酸素が増えやすい環境を作り出します。さらに高濃度の酸素で内部を満たすことにより、酸素の吸収を促進しているのです。

酸素カプセルではベストな気圧が保たれる

基準となる通常の大気圧は1気圧です。対して、一般的な酸素カプセルの内部は最大1.3気圧に調整され、酸素の溶解を促進される環境が整っています。この気圧差によって体に大きな影響を受けます。

加齢などの原因によって血管が細くなると結合型酸素は運ばれにくくなってしまい、細胞が酸素不足になり、病気や老化の原因になると言われています。酸素カプセル内で気圧を上げることで溶解型酸素を増やすことができるので、体中に酸素を行き渡らせ、細胞に活力を取り戻させることが望めます。そのため自然治癒力の向上や健康増進に期待ができるのです。

***

酸素カプセルは単に高濃度の酸素を充満させているだけではありません。気圧を高め酸素吸収に最適な環境を作り出しています。短い時間の利用でも効果があるため、一度体験してみてください。