コラム

  1. 酸素カプセルならタイムワールド
  2. コラム一覧
  3. 二日酔いが辛い……そんなときは酸素カプセルを!

二日酔いが辛い……そんなときは酸素カプセルを!

category:酸素カプセル

サムネイル

二日酔いへの対策として、酸素カプセルが注目されています。こちらでは、二日酔いが起きる原理や酸素の作用についてお話しします。

大量の酸素でアルコールを分解

二日酔いの最もたる原因は、「アセトアルデヒド」という有害物質です。アセトアルデヒドは酸素によって炭酸ガスと水に分解されます。しかし、アルコールの摂取が許容量を超えると、分解が追い付かなくなってしまうのです。

加えて、飲酒すると体内の酸素が少なくなってしまうと考えられています。これは、アセトアルデヒド分解のために多くの酸素が使われることに加え、血中にアルコールが入り込み体全体への酸素供給が滞ってしまうことも原因です。さらに、アルコールを摂取した人がそのまま就寝すると睡眠時無呼吸症候群を引き起こしやすいこともわかっています。

アルコールを飲んだ翌日の起床時は、体内の酸素が少なくアセトアルデヒドが残っている状態です。このことにより、頭痛や吐き気など二日酔いの諸症状が起こります。酸素を吸収できれば、体に残ったアセトアルデヒドを分解できます。

スピーディーに酸素を取り入れる方法として酸素カプセルは打ってつけです。そのため、お酒を飲んだ翌日に酸素カプセルを利用する方が増えています。

飲み会の前の酸素カプセルで二日酔いを予防!

そもそも二日酔いになりたくないという場合は、飲み会の前にあらかじめ酸素カプセルを利用しておくのもおすすめです。体に十分な酸素を取り入れた状態で飲酒すれば、アセトアルデヒドの分解に酸素が使われても余裕があります。通常よりも長い時間、気分が悪くならずにお酒を楽しめるかもしれません。

大事なイベントや飲み会が増える年末などに、悪酔い・二日酔いの予防策として酸素カプセルを利用する方は増えています。また、体調不良時にどうしてもお酒を飲まなければならないケースなどでも、あらかじめ酸素カプセルを利用しておくとよいでしょう。

もちろん、何よりも確実な二日酔い対策は「お酒を飲まない」「量を減らす」ことです。酸素をたくさん取り入れていたとしてもアセトアルデヒドの分解で使い切ると気分が悪くなるかもしれません。酸素カプセルを利用していた場合も、体調と相談しながらお酒を飲む必要があります。

***

お酒が好きな方はぜひ酸素カプセルを利用し二日酔いへの効果を体感してください。日常的にお酒を飲む方は、レンタルで酸素カプセルを導入してみてはいかがでしょうか。